礼拝説教集

私たちのための主の願い

2013年3月10日

山崎 英穂

 スポーツでも何事でも、選ばれるかどうかが重大な問題です。そのためには素質があるかどうかだけでなく、懸命な努力が必要となります。ところがヨハネによる福音書一七章の「イエスの祈り」の中で、

  世から選び出してわたしに与えてくだ
  さった人々に…(六節)

とあります。直訳では「世からわたしに与えてくださった人々に」ですが、「選び出す」と訳されている意味は大きいと思います。ここには「わたしがあなたがたを選んだ」(ヨハネ一五・一六)というイエスの言葉が響いているのです。聖書には選びという思想があります。申命記七章六―八節に「主は…すべての民の中からあなたを選び、御自分の宝の民とされた。主が心引かれてあなたたちを選ばれたのは、あなたたちが他のどの民よりも数が多かったからではない。あなたたちは他のどの民よりも貧弱であった。ただ、あなたに対する主の愛のゆえに…救い出された」とあります。イスラエルは最小民族で、大国主義の立場からは何の魅力もなく、そこには高慢や差別意識が入り込む余地はありません。イスラエルが選ばれたのは一方的な神の愛、弱く貧しい者を選ぶ神の偏愛に理由があったのです。「心引かれて」は元来俗っぽい言葉で、男が女に心奪われ、惹きつけられることです。神が小さい民を恋い慕うというのです。だから選びは自分と他の人を比較して優越感に浸るような選民思想にはならず、ひたすら自分の弱さや貧しさを知ることなのです。

 そのような選びはイエスにおいて極まり、弱く貧しい弟子たちを選び、この人たちのために祈られるのです。一七章には「お願いします」と繰り返されています(九節ab、一五節、二〇節)。イエスは弟子たち、すなわち私たちのため、私たちに代わって、仲介者として神に必死で懇願しておられるのです。

 関屋綾子著『一本の樫の木―淀橋の家の人々』において、初代文部大臣で暗殺された祖父・森有礼と祖母・寛子、寛子の父・岩倉具視、牧師であった父・森明と母・保子、そして兄で哲学者・フランス文学者であった森有正などについて書かれています。とくに祖母について「一番変らぬ生活の基調として思い出されるのは、その毎日の祈りの姿であった。様々な変遷の中にも常に変わらずその一事が貫き通されていたという事に人間の創り出す無形の強靭な存在感の様なものを感じるのである。朝、夕、夜、そして悶々として眠られぬ夜中のねぎごとの時をも数えれば、一日に少なくとも四、五時間は正座して瞑目し、神の前に出ていたのである」と述べられ、幼少のある時、夜中に何人もの名前と、その一人一人について、こと細かに神に訴え救いを求めている祖母の祈りの声に全身をゆさぶられるような経験について、「心を込めて自分以外の人のために神様にお願いをすること、そしてそれを神様はお聞きになるであろう。それが自分にも出来るのだという事、つまり代祷の意味の現実性と真実性が私の心の中に生き生きとそそがれた瞬間であった。そのような姿に触れて、私たちが決して目で見る事の出来ない、しかも全世界に充ちている、あの実在への確信を支えつづけるものとなっているのである」と書かれています。

 私たちも神を見ることはできません。しかし懸命に祈っている人の姿に接することによって、「実在」すなわち永遠の神のリアリティに触れることができるのです。私たちの間でも精魂こめて懸命に祈る人がおられます。ましてや神の独り子イエスが命をかけて祈られないはずはありません。まさに十字架の命をかけて私たちのために神に願われる「代祷」の姿を垣間見、その祈りの言葉の断片を聞く時、私たちは魂が揺さぶられるような経験へと導かれ、永遠なる神の実在に触れ、神の前に出て祈るという恵みに満たされるのです。