礼拝説教集

新しい船出

2013年2月10日

山崎 英穂

 斎藤茂吉の「新しき年のはじめにおもふことひとつ心にとめて行かな」という歌があります。新年を迎えて、自分に課するものや期するものがあるものです。
 ヨハネによる福音書一章二九節に、

  その翌日、ヨハネは、自分の方へイエス
  が来られるのを見て言った。「見よ、世
  の罪を取り除く神の小羊だ」

とあります。私たちは年の初めにあって、「見よ」と命じられています。何を見るのか。キェルケゴール著『死に至る病』の最初に、「主よ! 無益になる事物に対しては我等の目を霞ましめ、汝の凡ゆる真理に関しては我らの眼を限なく澄ませ給え」とあります。私たちはお祈りをする時、眼をつむります。すると今まで見えていたものが見えなくなり、見えなかったものが見えるようになります。そのような意味で「見よ」と言われているのです。

 かつてイスラエルの民がエジプトから脱出する時、小羊を屠ってその血を家の門に塗った家には神の裁きが過越し、神の民はエジプトを脱出し、奴隷状態から救われました。しかし今やイエスが十字架にかかって「過越しの小羊」として屠られることによって、イスラエルだけでなく、人類のすべての罪が取り除かれ赦されることになったのです。個々人の罪にとどまらず、この世のすべての罪です。罪の塊のような私たち全体、すべての重い罪の全体をひっくるめて取り除かれるのです。「罪を取り去り、罪に罪を重ねていく暗い救いようもない歴史に終止符を打たれた」(A・シュラッター)のです。神の小羊イエスは人類の罪の歴史にピリオドを打ち、新しい救いの歴史を開始されたのです。このような神の小羊イエスが私たちに近づかれる時、新しい人生の扉が開かれるのです。

 浜松聖隷ホスピス所長を務められた原義雄牧師の「キリストにより新しく生かされて」の中で、児島良徳という人のことが書かれています。この人は五十歳の頃、直腸がんの告知を受け、医師からサジを投げられました。しかしたまたま浜松にある聖隷ホスピスのことを知り、何とか安らかに死ねるのではないかと思って入りました。しかし人生の転機が起こったのです。死ぬ場所として入院しましたが、信仰に生きる人たちと出会いました。ある日「自分は死ぬためにここに入院したのだ」と言うと、ある看護師が「あなたの考えは間違っています。可能性はともかく、私たちはあなたが治るために日夜心をこめて看病しているのです」と言ったのです。

 この言葉は諦めていた自分には晴天の霹靂であり、忘れていた「生きる」という言葉を思い出し、今まで迷惑をかけてきた世の中に少しでも恩返しをして死ななくては、何のためにこの世に生を受けたかわからない。今まで投げ出していた生命をまだ神が生かしてくださる以上、神が自分に何かご用をさせてくださるためだと気づいたのです。そして入院してわずか三週間の頃「必ず近日中に神の御名による洗礼を受けようと決意した。新しい船出なんだと嬉しくて書いてしまわなければならない気持ちだ。罪人のためにキリストは十字架にかかってくださったのだ。そしてその罪人とは全ての人間である。わたしのような罪深い人間も含めていただけるのだ」と思い、待望の洗礼を受け、最後の短い時を精一杯、神と人のために働いて召されたのです。

 結局、人はみな死にます。しかし永遠の命の希望に生きるという新しい扉が開かれるのです。主イエスは「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる」(ヨハネ一一・二五)と言われました。死の壁の前でも生きるのです。私たちはどこか諦め絶望しています。しかし私たちのような罪深い者に近づき、大きな愛と命で包み込んでくださるイエスにより、いつでも希望の将来に向けて船出することができるのです。