礼拝説教集

自由と隷属

2012年12月9日

山崎 英穂

 自由であることほど有難いことはありません。それでは自由の反対は何でしょうか。
 ヨハネによる福音書八章三四節で、

  はっきり言っておく。罪を犯す者はだれ
  でも罪の奴隷である。

とイエスは言われました。罪とは何でしょうか。一般的な罪をも含むでしょうが、ヨハネ福音書においては、何よりもイエスを受け入れないこと、拒絶することなのです。イエスについて、たとえば「父のふところにいる独り子」(一・一八)、「天から降って来た者」(三・一三)、「世の光」(八・一二)など、さまざまな言葉で示されていますが、「わたしの主、わたしの神」(二〇・二八)であるイエスを受け入れず、救い主として信じないことが決定的な罪なのです。むしろ人類は神から遣わされた独り子を十字架につけて殺しました。神を殺したのです。そのことこそ何よりも大きな恐ろしい罪なのです。だからイエスを受け入れない者は罪の奴隷、悪魔の奴隷、暗く冷酷な運命の奴隷であり、生涯、来る日も来る日も罪を主人として仕え、隷属しているのです。自分は自由だと思っていても、結局、罪の支配下にあって束縛・隷属されているのです。

 バルトとトゥルナイゼンの共著で『我山に向いて眼をあぐ』という本の中で、トゥルナイゼンは次のように言っています。「罪は奴隷状態である。罪こそ自由に他ならないが、正しい自由ではなく、われわれが神から奪ったあの恐るべき間違った自由である。われわれは家出したのである。父無しに活動出来ると信じて自分自身の世界に突進して行ったあの放蕩息子の家出を、行ったのである。そして放蕩息子は、父無しに活動する。そして彼のこの自由そのものが、消し難い奴隷状態に変化する。われわれは一人残らず、この奴隷状態を知っている」と。神なしに生きることができると思いこんで、神なしに生きることが罪なのです。私たちが求める自由とは、神をぬきにした自由、神に逆らう自由なのです。反対に自分の不自由と悲惨を知り、神に助けを求めるところに、キリストが憐れみをもって立ってくださり、もはや奴隷ではなく、子として自由にしてくださるのです。

 先日、関西学院大学神学部の岩野祐介先生から「神戸の女性キリスト者・座古愛子」という題の講演を聞きました。明治から戦前にかけて、歌人、詩人、エッセイストとして活躍し、信徒として熱心に伝道し、当時はよく知られていた人だったそうです。幼少期は複雑な家庭環境と貧困のために苦しみ、十二歳の頃、信仰を教えてくれた祖母、さらに母も亡くなり、青年期以降は悪性のリューマチのために寝たきりになってしまうという苦難の人生を送ったのです。しかしキリスト教との出会いを通して救いの経験をし、二十一歳の時に洗礼を受け、病床にあっても救われた喜びと十字架の愛の教えを伝えることを自分の使命としたのです。大正の初期、まだ神戸にあった神戸女学院に住み込んで、購買部で学用品を売る仕事を与えられ、横たわったままで働き、その姿を見て多くの人は励まされたのです。とくに自分と同じように苦しむ人々のために祈り、文書や手紙などを通して、キリスト教伝道に従事したのです。

 彼女にとって救い・自由とは孤独からの解放であり、また病気である自分の存在と病気の意味を知ることだったのです。神を信じても病気であることに変わりはなかったが、内面的に全く変わったのです。病気が治るか治らないかではなく、病身のままの自分を神が用いてくださることを大きな喜びとしたのです。「癒ゆること必ずしも幸福ならず、癒えざる是はたして不信に非ず、神は愛なり人間に幸福あれとこそ望み給はめ。誰にも災難を与え給はず」と語っています。神と共にあり、イエスに従う者として真理を知ることの中にこそ真の自由と解放、救いがあるのです。