礼拝説教集

真理は自由をもたらす

2012年11月11日

山崎 英穂

 今日、世界中にさまざまな情報が溢れ、私たち現代人は多くのことを知っています。しかし人生において本当に大切なことをどれだけ知っているのでしょうか。
ヨハネによる福音書八章三二節に、

 あなたたちは真理を知り、真理はあなた
たちを自由にする。

とあります。「真理」という言葉はヨハネ福音書に四五回も出てきます。この「真理を知り」というのは原文では未来形です。言い換えれば今は知らないということです。今はわかっていないが、やがて知るであろうという約束なのです。iPS(人工多能性幹細胞)でノーベル賞を受けられる山中伸哉教授の「真理はヴェールで覆われている」と言われた言葉が心に残りました。確かに真理はヴェールで覆われています。しかし覆いが取り除かれる時があるのです。むしろ日々新たに真理を知ることができるのです。どのような状況にあっても、真理を知るということに生きる意味と目的があるのです。同じ真理と言っても、科学的・客観的真理、あるいは哲学的・宗教的真理などさまざまな真理があります。

 それでは真理とは何であり、どうすれば真理を知ることができるのでしょう。「真理によって基督を解くのではない/基督によって/真理の何であるかを知るのだ」と八木重吉は歌いました。だからイエスは「わたしは道であり、真理であり、命である」(一四・六)と言われ、真理とはイエスご自身のことだと示されたのです。神はイエス・キリストにおいて真理を啓示されました。キリストを知るまでは真理を知ることができません。しかし「真理を知るであろう」という希望に生きることができるのです。短い人生において、多くのことを知ることはできません。ただキリストに出会い、キリストを知ることによって真理を知ることができるのです。しかも真理を知ることは単なる知識や観念ではありません。「真理はあなたたちを自由にする」とあるように、真理を知ることは人生を変える力なのです。真理を知ることによって自由にされるのです。真理は人間を自由にするのです。

 「ひとやの友」という新聞に、ヒュー・ブラウンという人の「だれでもやりなおせる」という証しが載っていました。この人はかつてアイルランドの紛争地で世界一危険な町、爆弾都市とも言われた北アイルランドの首都ベルファストで生まれ、一五歳の時にテロ組織に入り、約三年間、紛争に参加し、拷問を受けたり、両膝を拳銃で撃たれたが、奇跡的に助かった。一八歳の時、政治犯として逮捕されました。多くの若者が命を落としたのに、自分はぎりぎりのところで命拾いをした。どうして助かったのか理屈では答えられない。二〇歳の時に刑務所で観た映画「ベン・ハー」の中で、キリストが処刑される場面を観ている時、生まれて初めて自分の犯してきた罪というものを理解できた。それまでは悪いことをしてきたことはわかっていたが、心の底からの悔い改めはできなかった。だからいくらやり直しても失敗の連続であった。しかし映画を観て、自分の罪は人間に対する罪に留まらず、見えない神様に対しても罪を犯していることを知った。こうして生まれて初めて本当の罪を自覚して素直に認め、神の赦しと救いを真剣に求め始めた。祈りが通じているという確信で心が安らぎと喜びで満たされ、新しい人生が始まった。もう犯罪の人生を送ることはなかった。こうして今は宣教師になって活躍しているというのです。

 私たちも本当の自由がなく、悪魔の「ひとや・牢獄」にいて、罪と死にがんじがらめに束縛されているのではないでしょうか。しかし十字架の主イエスに出会って、真理を知る時、自由にされ、エゴーと罪と悪魔と死から解放され、救いをえることができるのです。