礼拝説教集

暗闇を照らす永遠の光

2012年10月14日

山崎 英穂

 「一寸先は闇」という諺がありますが、未来のことは目前のことであっても、どうなるかわからないというのです。私たちは実際に目の前が真っ暗になるという経験をすることもあります。神谷美恵子著『生きがいについて』の中で、ハンセン病を宣告された人たちの心境についての聞き取りの中で、ある人は「前途が真暗な世界に閉ざされた」、またある人は「眼前が真暗になって行くような恐怖と絶望を感じました」、さらにある人は「世の中が真暗になり、すべての人生設計が破壊されてしまった」、さらに別の人は「暗いところに沈んで行く」、他の人は「深い谷底につき落とされた感じ」などと答えられたと書かれています。これらの人に共通しているのは「暗闇」ということです。私たちも人生のどこかで、このような経験を避けることができません。むしろ私たちは今も深い暗闇の中にいるのではないでしょうか。
 しかしイエス・キリストはヨハネによる福音書八章一二節で、

  わたしは世の光である。わたしに従う者
  は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。

と言われました。光はもともと人間にとって救いを表すシンボルでした。旧新約聖書をとおして、神の救いが光として表現されているところは、枚挙にいとまがありません。最初に神が沈黙を破って、混沌と暗闇の中で発せられたのも、「光あれ」という言葉でした(創世記一・二)。また詩編二七編一節には「主はわたしの光、わたしの救い、わたしは誰を恐れよう」とあります(なおイザヤ六〇・一、一九―二〇など参照)。ヨハネ福音書一章五節に「光は暗闇の中で輝いている」という言葉がありますが、これについてある人は「闇が闇として、実在として認識されている。この暗黒がまさに実在しているからこそ、この世にさし始めた光が、光としていよいよ輝きを放ち、わたしたちに大いなる希望と慰めをもたらすのである」と言いました。今、人生の闇を経験している者こそ、まことの光を見、永遠の光に照らされることができるのです。

 私はかつて自分が暗闇の中にいるように感じていた時、本の題にひかれて、志賀直哉著『暗夜行路』を読んだことがあります。時任謙作は東京で母と祖父の過ちで生まれます。それを知らず、祖父の愛人であったお栄という女性に身の回りの面倒を見てもらっていましたが、小説の仕事が進まず、深刻な孤独感に襲われた時、お栄と結婚しようとします。しかし出生の秘密を明かされ、結婚をあきらめますが、ますます落ち込んだのです。やがて京都で直子という女性と出会い結婚しました。しかし幸福を感じるのも束の間、生まれた子どもはまもなく死んでしまい、自分は何かに呪われているように感じたのです。さらに留守の間に直子は従兄弟に辱められます。謙作は理性では許そうとしますが感情が許さず、直子は悲しむことになります。彼は転機を求めて大山の天台宗の道場に行き、十日ほど滞在している間に心の落ち着きを取り戻します。しかし病気になってしまいます。重篤の知らせに直子が駆け付けますが、「自分はこの人を離れず、何処までもこの人に随いていくのだ」と切に思いつづけたというところで終わります。そこに小さな光がさしこんでいるように感じられます。

 私たちも呪いの暗夜行路、罪の闇路をさまよっています。しかし世の光なるイエスが私たちと共におられ、私たちを照らしてくださるのです。それはイエスに従っていくことによってのみ経験することができるのです。「わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ」という服従への勧めと約束の言葉は、有名なトマス・ア・ケンピスの『キリストにならいて』の冒頭に引用されています。キリストに従い、キリストにならって生きることによって永遠の命の光に照らされるのです。