礼拝説教集

泣きながら種まく人

2012年9月9日

山崎 英穂

 歴史や世界には、変わり目、別れ道、分岐点というものがあります。バビロニアによって捕囚されていたユダの人々は、五三八年ペルシア王クロスによって解放され、故郷に帰ってきました。しかし故国の土地は荒れ放題で、野獣の住処となっていました。人々はその土地を見て、茫然となったことでしょう。
 しかし詩編一二六編五―六節に、

  涙と共に種を蒔く人は/喜びの歌と共に
  刈り入れる。
  種の袋を背負い、泣きながら出て行った
  人は/束ねた種を背負い/喜びの歌をう
  たいながら帰ってくる。

とあります。荒れ地を耕して種を蒔くことはつらく苦しいことです。しかしその苦しみは必ず報いられて余りがあるというのです。この詩は「種を蒔く人のたとえ」(マルコ四・一―九)を思い出させます。種を蒔く人が種蒔きに出て行きました。ある種は道端に、ある種は石地に、またほかの種は茨の中に落ちました。こうして種は無駄になり、種蒔きという仕事も徒労に終わったかのように見えたのです。しかしよい地に落ちた種があったのです。そこでは芽生え育って豊かな実を結んだのです。このたとえは悪い土地と良い土地という平面的な対照ではなく、種を蒔く時と収穫の時という時間的コントラストとして受けとめる必要があります。蒔く時は困難で無駄に思えても、時が来れば豊かな収穫があるというメッセージなのです。種とは私たちにとって神の言葉です。種を蒔くことは、伝道や宣教であり、祈りや奉仕です。

 しかし遠藤周作著『沈黙』の中で、背教したフェレイラという司祭が言いました。「この国は沼地だ。やがてお前にもわかるだろうな。この国は考えていたより、もっと怖ろしい沼地だった。どんな苗もその沼地に植えられれば、根が腐り始める。葉が黄ばみ枯れていく。我々はこの沼地に基督教という苗を植えてしまった」と。しかし日本においてだけではなく、むしろイエスや最初の教会においてこそ、伝道の困難は経験されたのです。だからそのような無駄なことはやめておこうという思いにもなります。それだけでなく成功や勝利を味わうことがあっても、人生は結局空しく徒労に終わり、無駄な努力や苦労ではなかったのかと、愕然とすることがあるものです。

 ところが先日の新聞に東大の政治学者でキリスト者でもある姜尚中氏の次のような講演が載せられていました。今の高校生に「師と仰げる人がいますか」と聞けば、多くは「いない」と答えるでしょう。ネット社会にいて検索ができ、知りたいものを抽出できます。しかし具体的な人間像としての「師」を見つけることは、難しくなっています。学ぶ時には手本になる人が必要です。高校時代の私は書物に師を求め、むさぼるように夏目漱石を読みました。もう一人の師は、マックス・ウェーバーでした。大学の恩師で経済史が専門の大塚久雄さんからも、貴重な教えをいただきました。それは「無駄なことを学ばなければ、何が大切かは分からない」ということです。今の学校では、役に立つことと立たないことの間に線を引き、「役に立つことに時間を費やしなさい」と勧めています。無駄に手を出さない。無駄な人と付き合わない。無駄な本を読まない。そうやって小さい頃からトレーニングされているのです。しかしそれは限界にきている。行き詰まりを見せる日本社会で何を学ぶべきか。それは「宗教」と「政治」です。世界を動かす大きな力こそ、宗教と政治だということがわかってきた、と。

 無駄にも意味があります。何が本当に大切かわかるからです。私たちも大いに無駄をして歩みたい。福音の種を蒔き、祈り続けたいものです。本当の大切なことが見えて来るに違いありません。やがて命の実を結ぶことを信じ、希望をもちつつ種を蒔き続けましょう。