礼拝説教集

神様には計算違いはない

2012年6月10日

山崎 英穂

 私たちは日常生活の中で、まわりの人にさまざまと望んでいること、期待していることがあります。それだけでなく神に対する願いや期待、望んでいることもあります。しかし私たちが望むことだけでなく、神が私たちに望んでおられることもあるのです。
 イエス・キリストは、ルカによる福音書二二章一五節で言われました。

  苦しみを受ける前に、あなたがたと共に
  この過越の食事をしたいと、切に願って
  いた。

と。「切に願っていた」は原文では「切望」という名詞と「切望する」という動詞が重ねられています。しかも「切望」には、むさぼりや欲望など、また「切望する」には、ほしがる、むさぼるなどの意味もあります。こういう言葉を重ねて、どうにも抑えることができない切なる願いをもって、共に食事をしたいと望まれたのです。だからある人は「望みに望んでいた」と訳しました。こうして主は最後の晩餐において、十字架でご自分が裂く肉、ご自分が流す血として、パンと杯を弟子たちに与えられました。パンも杯もイエス自身、まさにその命を意味しています。このようにして主イエスは、弟子たちがご自分の命を受けることを切に望んでおられたのです。

 私たちの教会と深いつながりのある岡本由紀子さんの長女・石原美生子さんが『祖母岡島倭子の生涯―みむねのままに』という本を書かれました。倭子(敬称略)は一九〇〇年、愛媛県生まれで、松山女学校(現東雲学園)に在学中に洗礼を受け、二二歳で結婚して香港に渡り、そこで夫が洗礼を受けたのです。その後夫の転勤先のブエノスアイレスで生活しましたが、そこでは日本人教会を設立しました。三九歳の時帰国しましたが、シンガポールに転勤していた夫は四五年四月、帰国中の阿波丸が撃沈されて亡くなったのです。その悲痛は深いものでしたが、翌年の「春の祈り」という文章に次のように書かれています。

 「一羽の雀も神様の御許しなくば地に落ちず、一枚の木の葉も御許しなくば散りません。まして私どもにとり無くてはならないただ一人の良人であり、父親を神様は故なくして御聖国に召し給う筈はありません。多くの友はこの出来事に対して神様の御旨が分からない、この事は、二二が三だ、二三が五だと申されました。又神様はきっと計算を間違えて十年早く彼を召し給うたのだと。然し私は今この事は二二が三でなく、神様の為さる事は必ず二二が四であり、二三が六であり、必ず割り切れるのでありますと信じます。/神様には決して決して計算違いはありません。神様の為し給う事は常に最善であり、与え給うものは常に最上であります」と。また友がこの事を聞いて驚き悲しみ泣いて、「神様はひどい。恨みなさい」と言われ、「その優しい心根には感謝しましたが私には神様を恨む気にはなれません。神様は何時の場合でも愛ですと申しました。『神は愛なり。』これだけです」と。

 戦後、一家は夙川に住みながら、倭子は農村伝道という夫の夢を実現するために、往復六時間かかる三木の志染で困難な開拓伝道を開始したのです。山の家を建て日曜学校を始め、さらに「老人の友となりなさい」という神様の声を実現するため、四人の子どもたちが独立したのを機に行動を開始し、六三年一二月に志染愛真ホームの落成式が行われたのです。それから六年後の六九年三月に昏睡状態の中で、うわ言のように「神は愛なり」と言って息を引き取ったのです。

 倭子の意志を受け継いだ人たちによって、ついに九七年に鉄筋建ての軽費老人ホームが新築されました。その生涯は自分の望みや都合で生きる人生ではなく、主が切に望まれるから、主の「みむねのままに」生きる信仰の生涯であり、神と人への愛に生き、ひたすら伝道しすべてを主に捧げるものでした。それは主が命を与えて、愛してくださったことへの応答に生きる幸いなる人生だったのです。