礼拝説教集

人間の尊厳の回復のために

2012年8月12日

山崎 英穂

 昨年の一〇月に大津市の中学校で起きたいじめによる自殺の問題が、このところ大きく取り上げられ、ある新聞には、幼稚園から中学までいじめられた高校生の文章が載せられていました。ある時、死のうとしたが、結局、死ぬことができず、後で冷静になって「死ななくてよかった」と思いつつ、同時に「苦しみは続くんだ」と落ち込んだ。1年前、かつて僕をいじめた相手に「なぜ僕をいじめたの?」と尋ねると、「僕、いじめてないじゃん」でした。この温度差は何なんだろう、と。足を踏んだ者は痛くないが、踏まれた者は痛いのだと言われます。いじめは人間の尊厳が無視されるという恐ろしい罪なのです。
 さてマルコによる福音書一章一六―二〇節に、イエスがガリラヤ湖のほとりで、

 (漁師たちが)湖で網を打っているのを
 御覧になった。

 とあります。「湖」というのは「うみ」という言葉です。旧約聖書以来「うみ」も神の支配の中にありながらも、怪獣の住処と考えられており、聖書の人々は「うみ」に対して恐怖を抱いてきました。「うみ」は人間を脅かし、虚無的悪魔的なものが支配する世界でした。漁師たちはこのような「うみ」で生活し、生活の糧をえるほかありませんでした。私たちもやはりこの世の「うみ」に生きています。いくら働いてもむなしく、徒労に終わるように思われることもあります。

 「龍の涙」という韓国ドラマは、一四世紀の終わり、イ・ソンゲ将軍が軍事クーデターを起こしてみずから王座に就き、都を今のソウルに移した歴史的人物です。正室はすでに亡くなり、側室であった妻が王妃になり、王子をだれにするかで確執が起こり、正室の子どもの中からではなく、自分の子を王子にするのです。さまざま混乱の中で、王妃はやがて病をえますが、王と王妃はしばしば「人生というのはむなしいものだ」と語るのです。本当にそのとおりです。絶対的権力を得、人生に最も成功した人の言葉です。ましてや貧しい漁師たちは虚無的悪魔的な世界の中で、来る日も来る日も漁をして生きていました。そこでしか生きる場はなかったのです。私たちも同じです。

 しかしそのような人たちを見つめるまなざしがありました。「イエスは御覧になった」とあります。マザー・テレサは「私たちは見ているつもりでも、実際は見ていないのです。英語でいいますと、〝look〟しているんだけれども〝see〟見ない」と言いました。

 かつて重大犯罪を起こした少年が「今までに自分の名で人から呼ばれたこともない。今までもそしてこれからも透明人間でありつづけるボクをせめてあなた達の空想の中でだけでも、実在の人間として認めていただきたい」という声明文を出したことがあります。もし自分はだれからも見つめられず、だれも注目してくれないような無関心の中にいるなら、生きる意味も希望も失ってしまいます。しかし透明人間のような、存在感のない私たち一人ひとりを、イエスは存在の深いところから見つめてくださっているのです。
 それだけではなくイエスは、

 わたしについて来なさい。
 人間をとる漁師にしよう。

と言って新しい使命を与えられるのです。それは神の国(支配)という救いと命の網の中に獲得するということです。神は人間を神にかたどって、神の像として創造されました(創世記一・二七)。しかし現実は人間が虫けらのように扱われています。そこでイエスは人間の尊厳を回復するためにこの世に生まれ、十字架にかかられたのです。そしてイエスに従う者はイエスが回復された人間の尊厳を明確にされ、虚無の中にある人々に生きる意味を告げて、人々を神の救いの網の中に導くという幸いな務めが与えられているのです。