礼拝説教集

神に至る真理と命の道

2012年7月8日

山崎 英穂

 私たちはいつもどのような道に進めばよいのか悩むものです。学校では進路指導がありますが、いくつになっても試行錯誤があり、いかなる道を歩めばよいのか迷い悩むものです。そのたびに自分なりの生きる道を見つけて進むほかありませんが、その道の途上で、これでよかったのかと考えたり、わからなくなったりすることもあります。

 リュティ著『アダム』の中で、次のような話が紹介されています。若者たちが集い、ある老人のことが話題になった。この人が結婚式に出席するために家を出たが、乗換のために降りた駅の待合室で、自分がどこへ行こうとしていたのか、またどこから来たのかも忘れてしまった。この話を聞いて若者たちが爆笑したというのです。そこでリュティさんは言います。この老人は自分がどこの家の者か忘れずにいて、電話ボックスから家に電話ができたことは幸いであった。自分が何者であるかさえ、忘れないとも限りありません。若者たちも笑いに興じないよう注意した方がよい。いつの日にか、同様の目に会うかもしれない。彼らは自分たちが一体どこから来て、どこへ行こうとしているのか、何者なのか分かっているのか。しかし私たちは電話ボックス(聖書の世界)の中にいて、その答えを聞いているのです、と。

 私たちも同じ問題が突きつけられているのです。自分の生きる道は見えているでしょうか。また必死で歩んでいるこの道の向こうには何が待っているのでしょうか。
 しかしヨハネによる福音書一四章六節で、主イエスは、

  わたしは道であり、真理であり、命であ
  る。わたしを通らなければ、だれも父の
  もとに行くことができない。

と言われました。聖書は私たちに生きる道を示していますが、イエスはご自分が道であると言われるのです。その道が狭く厳しい道であっても、必ず救いの目的地、真理と命のゴールへとつながっている道なのです。人生の道がたとい平坦でも、必ず死でストップします。しかし主の道は復活の命の道として、天へと開かれる永遠の命の道なのです。

 一七世紀の英国のジョン・バンヤンが書いた『天路歴程』は聖書に次いでひろく読まれてきました。今日でも英国ではアニメ映画化されて大流行し、それが絵本となって日本語にも訳され『天路歴程物語―危険な旅』として出版されています。

 滅亡の町に住む主人公のクリスチャンは、滅亡が迫っていることを予感して、救いに至る道を探しに出かけます。すると彼の前に福音者が現われ、「あそこに小さな門がある。その門をたたけば、どうしたらいいか、教えてもらえるだろう」と言ったので、そのとおりに進みます。途中、失望の沼に沈みかけますが、助け手に救われます。ところがもっとも彼の邪魔をしていたのは、背中に背負った罪の重荷でした。しかし十字架を仰ぐと、不思議にも重荷はなくなるのです。しかしそれからがさらに大変です。困難の丘を越え、アポリオンとの戦いがあり、死のかげの谷、疑いの城、黒い川などを通らなければならず、妨害する者、誘惑する者、邪魔する者があり、さまざまと足を引っ張る事件にも遭います。しかしそのたびに神から遣わされた者に助けられて進んで行きます。やがて死の川を越えて、希望者と共に向う岸に着き、ついに天の都に入ります。この物語は私たちの厳しい人生を象徴しています。しかし必ず天国に至る道があると約束されているのです。

 讃美歌四九八番に、
  道、真理、命
  天に至る道
  和解の真理、死に勝つ命の主イエス

とあります。死に勝利された主イエスの道こそ、神に出会う真理と命の道なのです。