礼拝説教集

真相

2012年5月13日

山崎 英穂

 私たちの人生は結局のところ、徒労や無駄に終わるのではないかと切実に思われることがあります。旧約聖書のコヘレトの言葉は私たちの人生を鋭く洞察して、一章二節で、

  なんという空しさ
  なんという空しさ、すべては空しい。

と言っています。時には成功と勝利の美酒に酔うことはあったとしても、結局のところ人生は虚無ではないかと見つめているのです。カミュの『シーシュポスの神話』では、「人生は徒労の連続だ」と語られていますが、日本にも賽ノ河原の話があります。親に先だった子どもたちが、親不孝の報いで労苦するというもので、供養のために石を積んで塔を完成させようとしますが、鬼が来て塔を破壊してしまうのです。このことから、賽ノ河原という言葉は報われない努力や徒労をも意味しているようです。

 かつて日本のキリスト教会を代表するような偉大な人物あった内村鑑三は、晩年のある時「このごろ心の暗くなることは、一生を顧みて、自分は何をしてきたのか、果たしてこれでよかったのかと考える時である」と言ったそうです。ましてや私たちは自分の人生は空しく、無駄、徒労、無意味でなかったかと思われても当然でしょう。

 ある人が原爆を受けた時、目の前で人々が倒れていくのを見て、自分も死ぬのだと思ったのですが、その時に自分の心を占領したのは、必ずしも死の恐怖ではなく、私の人生はこれと言いうるものがないことに気づいて慄然としたというのです。人生の結果を持つことのない悲しみが示されています。

 ところがコリントの信徒への手紙Ⅰ一五章五八節で、使徒パウロは、

  主に結ばれているならば自分たちの苦労
  が決して無駄にならないことを、あなた
  がたは知っているはずです。

と語っています。キーワードは「主に結ばれて」です。これは原文では「主にあって」という言葉で、文の最後にあってたいへん強調されています。主イエスの支配と恵みの中にあり、主の愛に包まれているならば、いかなる人生であっても無駄ではなく、豊かなものとされるというのです。

 ある人が「いつか神の前で、歴史の真相が明らかになった時、歴史を動かした者は、実は祈っている人たちであったということが明らかになる日が必ずくる」と言いました。この世の歴史や時代や社会を動かしているのは一部の支配者や権力者などであるかのように思われます。だから祈りなんか無力で、いくら祈っても徒労や無駄ではないかと思われます。祈っても何の役にも立たず、無駄に思われます。祈れなくなり祈らなくなるのです。しかしやがて必ず歴史の本当の姿、全貌、真相や真実が神の前に明らかになる時が必ずくるというのが、聖書の信仰であり、私たちの希望です。その時、歴史を動かしていたのは、実は祈っていた人たちであった、むしろ祈りを聞いてくださる神ご自身であったということが明らかになるのです。十字架のイエスを死者の中から復活させられた神こそが、歴史を深いところで動かし、救いと完成へと導いておられたのだということが、明らかになる時がくるのです。

 主イエスを裏切って十字架に引き渡した弟子のユダに対して、主は「生まれなかった方が、その者のためによかった」と言われました。これほど恐ろしい言葉はありません。しかし神はそのユダの罪をも用い、神ご自身がイエスを十字架へと引き渡すという仕方で、いかなる罪をも赦して救いを成就し、マイナスをプラスへと変えてくださったのです。だからユダの悲劇はイエスに対する裏切りの中にあるのではなく、その裏切りさえも用いて救ってくださる広く高く深い神の愛、その真相を知らなかったことの中にあるのです。