礼拝説教集

愛と命の結晶

2012年4月8日

山崎 英穂

 人間にとって何よりも大切なことは自由です。反対に束縛・拘束され、制限・規制されることほど、辛く苦しいことはありません。なぜなら私たち人間は神から自由な存在として創造されているからです。しかし日々の現実の生活には、さまざまな制限や抑圧があり、束縛や拘束があります。だから私たちはこのような生活から抜け出し、脱出したいと、いつも願っているのではないでしょうか。

 映画の「大脱走」はドラマティックでしたが、人類最大の大脱走といえば、神の導きによって奴隷の地エジプトから脱出したイスラエルの出エジプトでしょう。だから彼らはいつまでも神の恵みを忘れず、毎年正月の一五日に過越祭、さらにその日から一週間、除酵祭を守ってきたのです。イエスも同様に過越祭の食事を弟子たちと共にされました。ルカによる福音書二二章一四―二三節で、イエスは弟子たちと食事をされた時、まずパンを裂いて、使徒たちに与え、

  これは、あなたがたのために与えられる
  わたしの体である。わたしの記念として
  このように行いなさい。

と言われました。「わたしの記念として」とあるように、もはや単に出エジプトの記念の食事にとどまらず、ダビンチの絵画でも有名なイエスの最後の晩餐むしろ主の晩餐として、記念の意味が決定的に変わり、「わたし・イエスの記念として」という新しい意味をもつことになったのです。イエスを記念する時そこに救い主イエスが生きて現在されることなのです。次にイエスは杯も同じようにして、

  この杯は、あなたがたのために流される、
  わたしの血による新しい契約である。

と言われました。血は命の象徴であり、救いの働きを意味しています。これが原型となって、教会が命がけで大切にしてきたのが聖餐式です。そこに教会の交わりがあり、命があるのです。エゴイズムとニヒリズムからの自由、罪と死からの解放があるのです。

 原崎百子著『わが涙よ わが歌となれ』は、がんの告知を受けて、召天されるまでの約四〇日間に書かれた日記や手記ですが、子どもたちに対して「あなたがたは信ずるだろうか。この母が、あなたたちをこよなく愛していることを。一人一人を、どの一人もかけがえのないものとして、こんなにも切ない思いで愛していることを」と記され、さらに

  お母さんを
  お母さん自身を
  あなたがたにあげます
と書かれています。

 第二次大戦中コルベ神父はアウシュヴィッツに収容されましたが、ある時、脱走者が出たため十人が餓死刑に処せられることになりました。その時ガイオニチェクという軍曹が「私には妻も子もいる」と叫んだのです。そこでコルベ神父は「私が身代りになります。カトリックの司祭で、妻も子もいませんから」と言いました。こうしてコルベ神父たち十人は地下牢の餓死室に入れられました。しかし祈りと讃美歌の歌声によって、そこはまるで聖堂のようであったといいます。

 主イエスは十字架において、ご自分の体と血すなわち自分自身を差し出し、「私が身代りとなります」と言って、自分の命を与えられました。そこには原崎さんの言葉が重なり合って聞こえてきます。イエスご自身こそ私たち一人ひとりに「あなたがたは信ずるだろうか。この私が、あなたたちをこよなく愛していることを。一人一人を、どの一人もかけがえのないものとして、こんなにも切ない思いで愛していることを」、また

  私を
  私自身を
  あなたがたにあげます

と語り、愛と命の結晶として、私たちにかけがえのない自由を与えてくださるのです。