礼拝説教集

最後だとわからなくても

2012年3月11日

山崎 英穂

 私たちは今のままの状態がいつまでも続くように錯覚しがちです。しかしいつ人生にストップがかかるかわかりません。もし自分の命があと一年、いや半年か三ケ月と宣告されたら、むしろ明日あなたの命が取り去られるとわかったら、どうでしょうか。
 マルコによる福音書一三章三二―三三節において、主イエスは、

  その日、その時は、だれも知らない。天
  使たちも子も知らない。父だけがご存じ
  である。気をつけて、目を覚ましていな
  さい。

と言われました。「その日、その時」とは、終わりの日、終末の時を意味しています。前世紀末、いわゆる終末論がもてはやされ、「日本沈没」や「ハルマゲドン」などと言われましたが、その時には起こりませんでした。ところがそのハルマゲドンが今年二〇一二年に起こると言う人たちもいます。たしかに宗教はこの世の終わりについて語ります。恐怖感をあおるものもあります。実際この世はいつまでも続くものではなく、有限であることを説く側面が宗教にはあるからです。仏教にも終末論と言えるかどうかわかりませんが、末法思想というのがあります。とくにキリスト教は終末論の宗教であると言えます。しかしその日について、イエスご自身さえ知らないと言われました。イエスは「父」と呼ぶことのできる愛の神に一切をゆだね、信頼しておられたからです。私たちも知る必要はないのです。私たちのために最善をなしてくださる父なる神が、すべてをご存じであることを信じるところに、深い慰めと希望があるのです。

 だからと言って、安穏としていればいいというのではなく、「気をつけて、目を覚ましていなさい」と勧められているのです。

 『最後だとわかっていたなら』という詩があります。この詩の作者は一九四〇年ケンタッキー州生まれのノーマ・コーネット・マレックという女性です。本書の原作は「ツモロー ネバー カムズ」すなわち「明日は決して来ない」です。彼女は二児の母となりましたが離婚し、親権を得たにもかかわらず、夫が二人の子どもを連れ去ってしまいました。やがて突然の訃報が届きました。十歳だった長男サムエルは水辺で溺れている小さな子どもを助けようとして自分も溺れてしまったのです。そのような悲しみの中で生み出された詩です。訳者の佐川睦氏も悲しい経験をしていた時に、この詩に出会い、翻訳をすることになったそうです。

 あなたが眠りにつくのを見るのが
 最後だとわかっていたら
 わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
 神様にその魂を守ってくださるように
 祈っただろう
 あなたがドアを出て行くのを見るのが
 最後だとわかっていたら
 わたしは あなたを抱きしめて キスをして
 そしてまたもう一度呼びよせて
 抱きしめただろう(中略)
 明日が来るのを待っているなら
 今日でもいいはず
 もし明日が来ないとしたら
 あなたは今日を後悔するだろうから\

 私たちは最後だとわからず、いつまでもこのままの状態が続くと思って、安穏としています。しかしいつ最後を迎えるかわからないのです。だから「気をつけて、目を覚ましていなさい」との主イエスの言葉に聞きつつ、主の御手の中に生きる時、悔いることなく歩むことができるのです。マルティン・ルターは、もし明日世界が滅びるとしたら、何をするかと問われた時、「それでもわたしは、今日一本のりんごの苗木を植えるでしょう」と答えたのです。私たちの終わりを知り、永遠なるものに目を注ぎつつ、今日与えられた務めや使命を果たしていく喜びがあるのです。