礼拝説教集

あなたがいなければ

2012年2月12日

山崎 英穂

 この世には多数決の原理があります。四十九を捨てて、五十一をとるということになりますが、これは民主的な方法でもあります。
 ところがルカによる福音書一五章一―七節で、イエスはたとえ話を語られました。

  あなたがたの中に、百匹の羊を持ってい
  る人がいて、その一匹を見失ったとすれ
  ば、九十九匹を野原に残して、見失った
  一匹を見つけ出すまで捜し回らないであ
  ろうか。そして、見つけたら、喜んでそ
  の羊を担いで、家に帰り、……

とあります。これは九十九匹がどうでもいいというのではなく、一匹の羊の尊さ、かけがえのなさが意味されているのです。聖書において羊飼いと羊は神と人間の関係を示しています。羊飼いが一匹の羊を捜し回るように、神は私たち一人ひとりに「あなたがいなければ」と言って、一人ひとりの存在の重さを宣言してくださっているのです。

 アメリカ映画の「素晴らしき哉、人生」は古い作品ですが、今でもクリスマスに放映されるのが定番になっているそうです。この映画は天で神が天使に語るところから始まります。地上で人生に行き詰まっている男がいるから助けに行ってこいというのです。その男とは主人公のジョージで、父親の急死で家業の住宅ローン貸付会社を継ぐことになりました。彼のお陰で多くの貧しい人たちは、ローンでマイホームを建てることができ、立派な住宅街もできていました。また彼は結婚して子どもたちにも恵まれていました。

 しかし町一番の富豪の悪徳業者のために資金繰りに苦労し、会社が倒産しそうになり、行き詰まって自殺を図ろうとします。そこに天使が現れます。ジョージは天使に「生まれてこなければよかった。死んだ方が価値がある」と言いました。これに対して、天使は「もし君が生れてこなかったら、世の中はどうなっていたか」と言って、彼がいない世の中を見せるのです。少年時代に溺れかけた弟を助けたことがあります。彼がいなかったら弟は死んでいたはずです。また薬局の店主が薬と毒を間違えて処方したことに気づいて、薬を届けなかったので、ひどく叱られたことがあります。しかし彼がいない世界では、店主は殺人罪によって服役していたのです。また彼がいない世界では、人々は自分の家をもつことができませんでした。また彼がいなければ妻のメアリーは未だに独身で、四人の子どもたちもいなかったのです。

 このような光景を見せて天使は「一人の命は大勢の人生に影響しているんだ。一人いないだけで世界は一変する。君はすばらしい人生を送ってきた。その人生を捨てるなんて、馬鹿げてないか」と言いました。ジョージは自分の間違いに気付き、「どうか自分がいた世界に戻してくれ、また生きたいんだ」と言いました。その時、現実の世界に引き戻され、自分の家に帰ってみると、大勢の人が集まってそれぞれお金を出してくれ、会社は倒産を免れたのです。時はちょうどクリスマス・イブ、一同がキャロルを大合唱するという感動的な場面で終わります。

 しかしよいことをしたジョージと私たちとは違うではないかと思われます。しかし人の値打ちは行動によらないのです。存在することが重大なのです。羊飼いに迷惑をかけた一匹の羊こそイエスにとってかけがえのない尊い存在のです。神はクリスマスにイエスを与えて「あなたがいなければ」と語られたのです。イエスは十字架の上で「あなたがいなければ」と叫ばれたのです。神はこのイエスを復活させて「あなたがいなければ」と宣言し、聖霊は「あなたがいなければ」ということを思い出させてくださるのです。迷える私たち一人ひとりに、神の愛のスポットライトがあてられ、神の慈しみの眼差しの中で、一人ひとりがクローズアップされているのです。