礼拝説教集

救い主は待っておられる

2012年1月8日

山崎 英穂

 人生は待つということの連続です。しかし年老いてもう何も待つものがないという人もありますし、若い時でも人生からもう何も期待するものがないと思うこともあります。  ところがイザヤ書三〇章一九節に、

  主は恵みを与えようとして
    あなたたちを待ち……

とあります。人生において、私たちを待ってくれている存在があるというのです。かつて山口百恵が歌った「いい日旅立ち」という歌の中に「ああ 日本のどこかに/私を待ってる人がいる/いい日旅立ち 夕焼けをさがしに/母の背中で聞いた 歌を道連れに」とあります。日本むしろ世界のどこかに、私を待っている人がいるともいえるのです。ところがここでは天におられる永遠の主なる神が、恵みを与えようとして待っておられるというのです。本来は人間の方が苦難の中で、主なる神の救いを待ち続けてきました。ところが主なる神が待っておられるのです。私たちが期待できない現実の中で、私たちを待ち、私たちに期待している方があるのです。

 V・フランクル著『それでも人生にイエスと言う』という本の中に次のようなことが書かれています。あるとき、生きることに疲れた男性と女性がたまたま私の前に座っていました。二人は声をそろえていいました、自分の人生には意味がない、人生にもうなにも期待できないから、と。二人のいうことはある意味では正しかったのです。けれども、すでに、二人のほうには期待するものがなにもなくても、二人を待っているものがあることがわかりました。その男性を待っていたのは未完のままになっている学問上の著作で、その女性を待っていたのは子どもでした。彼女の子どもは遠く連絡のとれない外国で暮らしていましたが、ひたすら母親を待ちこがれていたのです、と。

 さらに次のように語られています。以前、無期懲役の判決を受けたひとりの人が船で、囚人島に移送されました。その船が沖に出たとき火事が発生し、その非常時に彼は手錠を解かれ、救助作業に加わり、十人もの人の命を救いました。その働きに免じて後に恩赦に浴することになったのです。もしだれかがまだ乗船前にこの人に、お前がこれからも生きる意味があるのかと尋ねたとしたらどうか。たぶん首を横に振ったことでしょう。けれども、どんなことがまだ自分を待ち受けているかは、だれにもわからないのです。ちょうど十人の命を助ける仕事が彼を待ち受けていたように、どのような重大な時間が、唯一の行動をするどのような一回きりの機会が、まだ自分を待ち受けているか、だれにもわからないのです、と。

 実際私たちには未来のことはわからず、一寸先は闇です。いや「一寸先は光」とも言われます。いま暗闇の中にいても突然光がさしてくるかもしれません。いずれにしても未来は未知数です。しかし確かなことがあるのです。人生は私たちに期待し、神は私たちに恵みを与えようとして、待っておられるということです。私たちも何かを待っていますが、主は真剣に必死になって待っておられるのです。そのことが具体的に示されたのがイエス・キリストの降誕・クリスマスです。そしてイエスは「見よ、わたしは戸口に立って、たたいている」(黙示録三・二〇)と言われました。ホルマン・ハントの「世の光」という絵画には、茨の冠をかぶりランプをもったイエスが、ノブのないドアをノックしている姿が描かれています。主は私たちが内側から開けるのを待ちながら、必死で扉を叩いておられるのです。「讃美歌第二編」一九六番に、

  すくいぬしは待っておられる、
  おむかえしなさい。

とあります。私たちの心の扉を開いて主を迎えましょう。必ず将来が開けるでしょう。