礼拝説教集

生も死も神と共に

2011年12月11日

山崎 英穂

 国連の世界人口基金によると、このたび世界の人口は七〇億人に達したそうです。私たちは七〇億分の一という、いてもいなくてもいいような小さな存在になってきたのです。

 さて創世記五章の系図の中に出てくる人たちの平均寿命は約八五〇年に及んでいます。このような数字は生物学的にはありえないので、さまざまな解釈がなされてきましたが、長寿であったということは、彼らが神との関係性の深さに生きた人間であったことを示しているのです。神に近く生きている者は神の祝福を受けて、長寿でありえたというメッセージが示されているのです。時代が過ぎて神との関係が薄くなるにつれて、人間の寿命は短縮していきます。今日、平均寿命が延びたとはいえ、まだそれだけしか生きられないのは、人間が神から離れて背いたため、神の祝福を受けられなくなったからであるというのです。神に遠く生き、罪を犯したゆえに、人は死の影を宿すことになり、結局「罪が支払う報酬は死です」(ローマ七・)ということを示しているのです。しかしこの系図の人物が長寿であったとはいえ、結局みな「死んだ」と書かれています。成功とか失敗、幸福とか不幸とか、善人とか悪人とか何も書かれず、ただ「死んだ」とだけあるのです。だれも死を免れることができないのです。

 しかしエノクだけは例外です。短い生涯でしたが、「神と共に歩み、神が取られたのでいなくなった」と書かれています。三浦綾子氏は「わたしたちが死んだ時、一行でわたしたちの生涯を誰かが記すとしたら、はたして何と記してくれるだろう。『彼は一代にして財を為し、七十五歳で死んだ』と言ったところであろうか。それともスタンダールのごとく、『生きた、悪をした、死んだ』であろうか。『神を信じ、人を愛して死んだ』と書かれる生涯を送る人は、まれであろう」と述べていますが、エノクの生涯は「神と共に歩む」生涯であり、神との間には特別な深い交わりの世界があったのです。

 ただし「神が取られたのでいなくなった」というのが、どういう事態であったのかは示されていません。いずれにせよ神が取られるという長寿にまさる至福があるということが感動をもって告白されているのです。ここには死を見ない至福が、神と共に歩む者の上にあるという希望の萌芽が暗示されているのです。この希望はやがてイエスの十字架と復活においてすべての人に開かれたのです。神と共に歩む者だけが死を経験しないで、神のもとに移されたと告白されるのです。私たちはエノクのように、神と共に歩むことができない罪深い者ですが、ただ主イエスにおいて、神は私たちと共にいてくださるのです。私たちは神のパートナー、神と共にある存在として造られました。だから私たちがこの世の生を終えたとしても、永遠の神が私たちのパートナーであり続けてくださるのです。

 私たちはみな肉体においては死なねばなりません。しかし信仰において死はもはや恐怖でも虚無でも絶望でもなく、永遠の命の主である神のもとに取り去られる慰めと喜びと希望となるのです。だからモーツァルトは「死は私たちの生涯の真の究極目標であります。ここ数年来、私はこの人間の真実の最善の友と親しんできました。それで死は私にとってもはや何ら恐るべきものではなく、心を安らかにし、慰めてくれるものとなったのです」と書き残したのです。

 ある思想家は「(人が)生きているということは、世界史の中ではいと小さな事であるかも知れない。が、彼がどんなに小さな存在であっても、彼が一人の人間であるということは、世界史のどんな事件にも増して大きい事件である」と言いました。いてもいなくてもいいような私たちですが、主イエスにおいて、かけがえのない存在とされているのです。