礼拝説教集

人生の内なる同伴者

2011年10月9日

山崎 英穂

 「学ぶ」という言葉を辞書でひいてみると、第一に「ならって行う、まねてする、また参考にして知識などを得る」とあります。また「猿真似」という言葉もあります。これは猿が人間の動作を見て、そのとおりにまねること、転じて、よく考えもしないで他人のまねをすること、本質をわきまえず、うわべだけをまねることを軽蔑して言う表現です。「猿真似」はどうかと思いますが、やはり学ぶことの出発点はまねることです。何かのモデル、手本や身本があって、それをまねることから、学ぶことが始まるのです。その意味で最初に出会う人たち、両親あるいは教師という存在には重大な責任があるのです。

 人生で誰に出会い、誰から学び、誰を手本にするかということは本当に大切で、よき人生のモデル、手本や見本になる存在に出会った人は本当に幸いです。イエスは、

  わたしは柔和で謙遜な者だから、わたし
  の軛を負い、わたしに学びなさい。

と語られました(マタイ一一・二九)。だから一五世紀にドイツで活動したトマス・ア・ケンピスは「キリストにならいて」ということをくりかえして強調しました。

 ポール・トゥルニエの「キリストに満ちあふれた日々」という文章の中で、フィレンツェの親友であった学者ロベルト・アサジヨリという人が紹介されています。この人はカトリック信者でしたが、ユダヤ人であったため、ファシストによりローマの監獄で一年間過ごしました。しかしこの時に次のような一つの理論を打ち立てることができたのです。

 人格形成において最も重要な手段は、一つの理想像に自分自身を合わせていくことにある。子どもは自分の親を見習って成長し、さらに親以外の理想像をまねて、性格を形成していくことになる。しかし私たちのモデルは有限な人間であるので、欠点もあるし限界もある。そこでそのような限界を乗り超え、まったく限界のないモデルを得たいならば、キリストの中にしか見いだすことができない。自分自身を同化できるイメージとして、これ以上にすぐれたものはない。パウロの経験もまさにここにあった。だからパウロは「生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです」(ガラテヤ二・二〇)と言った。

 そこでトゥルニエは言いました。ここに大切な点があります。キリストとの自己同一化においては、普通の人間との同一化とは次元の異なる、深い存在領域における同一化が行われるという点である。何かのモデルはあくまでも自分の外にとどまる。しかしキリストを手本とする場合、モデル自身が私たちの中に入りこみ、そこに住み、そこに生き、一体となる、と。

 さらにトゥルニエは、「私自身、年老いて、死が近づいてきました。私も、聖パウロと同じように、生きることをおろそかにしないと同時に、死ぬための心構えもできているように感じています。私は、いまこうして生きている、この地上の生活がとても好きです。キリストとともに、この地上に生きることができるからです。しかし、私は死後の世界で、キリストとさらに親しく、充実した生活に入ることができると思うと、心がわきたつのです」。しかも「キリストは、私の単なる理想像でなく、親しい友となったからです。すなおにキリストに語り、キリストの考えを、心の耳で聞くようにしています。キリストは、私の伴侶となり、私と共にあって、日夜導いてくださっているのです」と。

 私たちは間違ったものを手本としてきたのかもしれません。もう手遅れと思われるかもしれません。しかし今からでも決して遅くはないのです。キリストに倣って生きましょう。むしろキリストが私たちの伴侶として共に住み、救いと命の道に導いてくださるのです。