礼拝説教集

いつくしみ深い神のカルテ

2011年11月13日

山崎 英穂

 映画化された「神様のカルテ」の主人公は救急医療病院で忙しく働く若い医師です。母校の医局から誘いの声がかかっていた時、癌を宣告された七二歳の女性が入院し、やがて亡くなります。しかし手紙が残されていました。「私は先生に会えたことを本当に感謝しています。ずっと運命の神様を恨んで生きてきましたが、最後の最後に恨みを全部返上して何百倍もの感謝をしています。病いの人にとって、もっとも辛いことは孤独であることです。先生はその孤独を私から取り除いてくださいました」と。彼はこの出会いをとおしてこの病院に留まろうと決意するのです。

 人生は病気と深い関係があります。病院に行くとまずカルテが作成されます。医師の診療記録カード、患者の病症歴です。あるいは人生の記録には、学校の成績、職場の業績など、さまざまなものがあります。旧約の詩人は神に「あなたはわたしの嘆きを数えられたはずです。あなたの記録にそれが載っているではありませんか」(詩編五六・九)と語りました。嘆きは「さすらい」をも意味します。神は私たちの嘆き・さすらいを記録に留めるほどに私たちを覚え、深い関心をもってくださっているのです。

 ところがさらに主イエスはルカによる福音書一〇章二〇節において、

  悪霊があなたがたに服従するからといって、
  喜んではならない。むしろ、あなたがたの
  名が天に記されていることを喜びなさい。

と言われました。この個所は、主イエスが弟子たちを伝道に遣わした時、彼らがその成果を報告するために帰って来た時の物語です。弟子たちが主イエスの名を使った時、この世を支配している悪霊さえ屈服したというのです。だから弟子たちは大喜びで帰ってきたのです。しかし主イエスはそのことを喜ばず、一人ひとりの名が天に書き記されていることを喜びなさいと言われたのです。名はその人の存在、命そのものです。存在が天に属し、神のものであることを示しているのです。

 大きな喜びは伝道活動の成功だけではありません。人生にはいろいろな喜びがあります。自分の才能や能力が開花し、勉強や努力が報われて成功し、賞讃や名誉を受けることもあります。研究や仕事や事業において勝利し、人生のサクセスストーリーを歩む人も少なくありません。それは確かに大きな喜びです。しかしそれとは比較にならないほどの大きな喜びがあるというのです。たとい不幸な罪深い人生であっても、あるがままで天の記録、永遠の命の名簿に私たちの名が記載されているのです。なんと大きな喜びでしょう。

 人が生れると名がつけられ、出生届けが行われます。その国に属する者として国の名簿に登録されることになります。私たちが国に属しているということを切実に感じるのは、外国を旅行した時です。パスポートには「日本国民である本旅券の所持人を通路故障なく旅行させ、同人に必要な保護扶助を与えられるよう、関係の諸官に要請する」と記されています。パスポートを所持していることで、安心して旅行ができます。しかしやがて私たちの地上の歩みが終わります。その時、国籍から私たちの名が抹消されるのです。

 しかし「私たちの本国は天にあります」(フィリピ三・二〇)。私たちの国籍は天にあるのです。十字架によって私たちの罪を赦して受け入れてくださる神のカルテ、天の記録に一人ひとりの名が記されているのです。今はこの世に生きていますが、すでに天に属する者として、信仰のパスポートを与えられ、神に保護されているのです。だから苦悩しながらも、希望をもって歩むことができるのです。病気や死の孤独から救ってくださる主イエスに出会い、いつくしみ深い神のカルテ、天に名が記されていることを喜びましょう。