エルピス

神様からのプレゼント

2016年06月06日

川島 拓斗

 まず初めに今回、このエルピス原稿の執筆の依頼をもらったとき、正直戸惑いました。というのも”イエス・キリストへの信仰の証”と言われてもまだ洗礼も受けていない自分が何を書いていいかわからなかったからです。こんな僕の文ですが、素直な気持ちを書こうと思うので最後まで読んで頂けると幸いです。
 僕が塚口教会に初めて行ったのは21年前、お母さんのお腹の中にいたころからと考えるともっと前からになるのだろう。教会員の方々に今でも「たくちゃん大きくなったわね~、昔はこんなに小さかったのに」と言っていただける塚口教会は僕にとって第二の家であり特別な場所になっている。

 今思えば、この塚口教会というコミュニティ、人と人との繋がりが僕に与えてくれたものはあまりにも大きい、その中でも塚口教会で得た“出会い”は僕の人生に大きく関わっている。その最たる人が長橋雄平さんだろう。雄平には多くの時間遊んでもらい、多くのいいこと、もちろん悪いことも教わり、多くのことを相談し、多くのことを学ばせてもらった。この場を借りて感謝を伝えたい。ただ、間違えてはいけないのはタイトルが「長橋雄平」ではないということだ。(笑)

 そのほかにも多くの人に感謝している。Br,Ghislan、松本史彦さんや、おじいちゃん、おばあちゃん、柳本先生や沖村先生、青年会の人、慶やその他ここには書ききれない多くの人に感謝している。そして、もちろんこの特別な場所に連れて行ってくれた親にも感謝している。

 ここまで、何度も教会ではなくあえて塚口教会と書いてきたが、それは“塚口教会”が特別なのであって教会そのものが僕にとって特別であるわけではないからだ。「洗礼うけないの?」と最近よく聞かれるが、いつも「まあそのうち」とごまかしてしまっている。神様を信じていないわけではないが、わざわざ受ける気にもならないというのが本音だろう。今はその時期ではないということだと思っている。あいまいではあるが、いずれ来るべき時が来たら受けるつもりだ、というのも、もしその時期が来ればきっと神様が示してくださると思っているからだ。

 神様が導いてくれている、そう感じたのは今までにも何度もあった。Taizeに出会ったこと、学校のこと、ここには詳しく書ききれないが、僕のいくつかの人生の分岐点で神様が導てくれたと思う。Taizeの歌で「Aber du weißt den Weg」という歌がある。この歌は僕の大好きな歌で、“あなたは自分の道を知らないが、神様はあなたの進む道を知ってくださっている”という歌詞の内容で、僕自身、自分の道について悩んでいた時、TaizeのEuro Meetingで出会いとても心に響いたのを覚えている。

 このように、Taizeがこの曲やBr,Ghislanと僕を出会わせてくれ、そのTaizeは雄平が僕とTaizeを出会わせてくれ、その雄平は、塚口教会が僕と雄平を出会わせ、そして塚口教会は神様が僕に与えてくださったプレゼントだと思っている。そうやって多くのことや人との出会いに導いてくれる神様に感謝し、そしてできる範囲で恩返ししていければと思っている。

エルピス